戸建て作りの種類ガイド|安心して暮らせるように考えられた住宅づくり|工務店へ依頼する
女性

安心して暮らせるように考えられた住宅づくり|工務店へ依頼する

戸建て作りの種類ガイド

一軒家

在来工法は合理的

世界で1つしかない注文住宅を作りたい時、工法を知っておくと便利です。在来木造軸組工法は日本古来の住宅を作る時に使用するものになります。注文住宅の製作では7割以上が在来工法を利用して建築するのです。平成12年には建築基準法が大きく変更されたので木造で地震や火災に強い住宅作りができます。作ってくれる大工さんによる品質の違いが殆ど無いので、京都の大工さんや工務店に頼んでも一定の品質を保てるのです。安定した一戸建てを制作したいなら最もおすすめできる工法と言えるでしょう。間取りが自由に変更できる施工性の高さとうらはらに建築工法でも最も相場が安くなっています。建築後の間取り変更しやすいので京都で合理的な注文住宅を買いたいなら間違いないです。

コンクリートの住宅が良い

木造を扱っている工務店では鉄筋コンクリートを使用した重量鉄骨造も可能です。最も強度が高いのが魅力でスタイリッシュな見た目も現代的になります。軽量鉄骨だと扱える企業が決まっていますが、重量鉄骨造なら普通の工務店でも使えるのが特徴です。すべてコンクリートやRCを使うのではなく在来工法を組み合わせて制作することもできます。重圧な作りだけに金額も結構張りますが長く使えるのでそれ以上のメリットもあるのです。コンクリートで覆っている注文住宅だけに遮音性が異常に高くホームシアターや楽器の演奏をする場合近所迷惑になりません。音楽関係の趣味があるなら京都の工務店に注文すると良いです。ただ扱っている京都のお店と扱っていないところがあるため依頼する前に下調べを行います。